結婚式・ご宴会・記念日のご利用なら【目黒雅叙園】 > イベント > 百段階段・みどころ|和キルト×百段階段

和キルト×百段階段

和キルト×百段階段

百段階段とは

「百段階段」とは通称で、かつての目黒雅叙園3号館にあたり、昭和10(1935)年に建てられた当園で現存する唯一の木造建築です。 食事を楽しみ、晴れやかな宴が行われた7部屋を、99段の長い階段廊下が繋いでいます。 階段は厚さ約5cmのケヤキ板を使用。 階段で結ばれた各部屋はそれぞれ趣向が異なり、 各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。 "昭和の竜宮城"と呼ばれた目黒雅叙園の建物の特徴は、装飾の破格な豪華さにあります。 最近の研究によると、その豪華な装飾は桃山風、更には日光東照宮の系列、あるいは歌舞伎などに見られる江戸文化に属するものとも言え、なかでも「百段階段」はその装飾の美しさから見ても、伝統的な美意識の最高到達点を示すものとされています。 平成21(2009)年3月、東京都の有形文化財に指定されました。

百段階段概略図

  • 豪華ディナーと百段階段ガイドツアー
  • 現在の展覧会

みどころ

フロアガイド

コンクール「衣桁に掛ける和のキルト」&「床の間に飾る和の小作品」

十畝の間

十畝の間

荒木十畝による四季の花鳥画が描かれた部屋。黒漆の螺鈿細工が随所に見られる重厚な造り。

漁礁の間

漁礁の間

室内すべて純金箔、純金泥、純金砂子仕上。巨大な檜に彫刻された漁樵問答の一場面が印象的。欄間や天井の木彫板も圧巻。

草丘の間

草丘の間

格天井の秋田杉及び欄間には、礒部草丘の四季草花絵、瑞雲に煙る松原の風景が描かれています。

静水の間

静水の間

奥の間格天井には池上秀畝の鳳凰・舞鶴、欄間には小山大月の金箔押地秋草が描かれており、次の間の天井及び欄間は橋本静水の手によるもの。

星光の間

星光の間

北山杉天然絞丸太の床柱が特徴的なこの部屋は、やわらかい印象の板倉星光の四季草花が描かれています。

清方の間

清方の間

美人画の大家・鏑木清方が愛着をもって造った茶室風の部屋です。高さのある網代天井は、清方の美人画をより一層引き立てています。

頂上の間

頂上の間

最上階に位置する一室で、前室・本間ともに格天井という空間に加え、本間の床柱に黒柿の銘木を使用していることも特徴的。

1階回廊/プロムナード

1階回廊/プロムナード

グループキルト「撞木に掛ける和のキルト」
(展示替えあり)

正面玄関からのプロムナードでは、目黒雅叙園の「和の意匠」をテーマとしたキルトの特別公募作品展を開催。

出展作家

家元純子/幾野孝子/上栗惇子/上田葉子/大岩留美子/岡崎光子
岡野栄子/岡部美咲/岡本洋子/片桐好子/木藤紀子/木下美津子/窪田光土里
黒田街子/桑田厚子/桑原美幸/郷家啓子/小関鈴子/小西春江/齋藤泰子/齊藤礼子
坂くに子/櫻井紀子/笹倉幸子/佐藤陽子/沢田淳子/嶋村利枝/菅原順子
菅谷由希子/高木良子/田中美保子/田中由美子/道正千晶/利根川加代子
中沢フェリーサ/中原令子/中山弘子/蓮室佐枝子/樋口節子/姫野順子/福田浩子
藤本幾久世/舟木久美子/堀北直美/前田澄子/松本雅美/深山実枝子/森田圭子
焼田美紀/横井由紀 (50音順)

展示写真 和キルト×百段階段 2014年の様子

お問合せ(目黒雅叙園 営業部)TEL:03-5434-3140(10:00~18:00) アクセス 目黒駅(JR山手線・東急目黒線・東京メトロ南北線・都営三田線)より徒歩3分

地図

東京都 目黒雅叙園  TEL:03-3491-4111  〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1