結婚式・ご宴会・記念日のご利用なら【目黒雅叙園】 > シリーズコラム「見えないものに価値がある」

シリーズコラム「見えないものに価値がある」

親切とおせっかい

2015-01-07

「親切」と「おせっかい」。その違いはいったいどこにあるのだろう。

電車でお年寄りに声をかける。「どうぞこらちへ座ってください」と。

「私はまだそんな歳じゃない!」と言って不愉快そうな顔をされるかもしれない。

そうなると「おせっかい」。

でも、「ありがとうございます。助かります」と頭を下げられたら「親切」だ。


さて、目黒雅叙園のベル・Kさんから聞いた話。

ベルとは、正面玄関でお客様をお迎えするスタッフのこと。

フロントまでご案内し、荷物を客室まで運んだりもする。


ご家族に付き添われて、かなり年配のお客様がタクシーで到着された。

ドアを開けると、「よっこいしょ」と足を出し、杖をつきながら歩き始めたという。

そこでKさん、「車椅子をご用意いたしましょうか?」と尋ねた。

ところが、首を振り「いいよ、歩くから」とおっしゃった。

「こちらからフロントまで少々距離がございますので……」と説明しかけたが、

思うよりもしっかりした足取りで園内へと進んで行く。


「大丈夫かな……」というKさんの心配は、しばらくして当たってしまった。

入口を入って左に曲がったところで、そのお客様の息が上がってしまったのだ。

入口からフロントまで200メートル近くある。その長い長~い回廊を目の当たりにしてのことだった。

困ったのは、付き添いのご家族だった。

そこへ……一台の車椅子が到着した。

「もし、よろしければ使いになりませんか?」

今度は、笑顔で応じてくださったという。


Kさんが、お客様に聴こえないように、胸元に着けたトランシーバーのインカムで、

事務所のベル仲間に連絡しておいたのだった。

「念のため、車椅子を一台お願いします」と。


お客様は、すっかり気に入ってくださり、ホテルの部屋でもレストランでもずっと車椅子をご利用されたという。

「親切なおせっかい」。見えないものに価値がある。

雅叙園ネイチャー・ウオッチング

2013-11-05

目黒雅叙園の中には自然がある。
訪れた誰もが目を見張るのは大きな滝と池。

「なんだ、それは人間が作った人工のものでしょ」という
声も聞こえてきそうだ。
いやいや、実はここにいくつもの自然が息づいているのだ。

しばしば、大きな鳥が飛んでくる。
少々厳めしい風体をしたゴイサギだ。
でも、「ああ、こんなところでバードウオッチングが
できるなんていいなぁ」などと、うかうかしてはいられない。

スタッフにとっては、これが曲者。
池の中をじっと見つめていたと思ったら、
パッとくわえたのはコイ!
どう考えても飲み込めないであろうと思えるほどの大物が
クチバシでバタバタともがいている。

ゴイサギだって餌を取らなきゃ生きていけない。
しかし、ほっておくと池のコイは全滅してしまう。

サギの姿を見かけると、慌ててベルの人たちが追い払いに走る。
両手をパンッと打ち鳴らすと飛んで行く。
ザリガニやモグラやカエルもいる。
ネコやカラスもやってくる。
ただ、ヘビは、お客様を怖がらせてしまうといけないので、
見つけると直ちに捕まえる。

そして、造園管理をお願いしている庭師さんにお願いし、
ヘビにとって安全な園外の場所へ逃がしてもらうのだという。
そんな目黒雅叙園の庭園を眺めていて、ふと疑問に思ったことがある。
「自然」なのに「不自然」なのだ。
何がかというと・・・枯葉がほとんど落ちていないのだ。
うっそうとまではいかないが、かなりの木々に囲まれている。
晩秋でなくとも、葉っぱが風に吹かれて落ちないわけがない。

ベルのKさんに尋ねると、照れつつも教えてくれた。
「はい。私たちの誰かが四六時中拾っていますから。
大袈裟ですが、勤務時間のほとんどが掃除と言ってもいいくらいに」。
なるほど、どうりで。見えないところでキレイにしている人がいたのだ。

「掃除」。見えないものに価値がある。

結婚式に反対!?

2013-08-30

目黒雅叙園・衣裳課のAさんから、こんな話を伺った。



 



あるカップルが結婚式を挙げることになった。一緒になってもう15年以上というご夫婦だ。



当時は二人とも仕事が忙しくて、挙式も新婚旅行もできなかった。



そのまま時が流れてしまった。



「今さらだけど、きちんとしたい」というお互いの気持ちが強く、結婚式・披露宴の段取りをすすめていた。



 



ところが、である。



新婦のお母さんが、結婚式に反対しているという。



 



もちろん、二人の結婚に反対なのではない。



「今さら、お金をかけて派手なことをする必要はない」とおっしゃっているらしい。



けっしてケチというわけではなく、世代的には「もったいない」の精神が理由らしい。



 



最近では、ジミ婚が流行ったり、挙式そのものも行わないというカップルもいる。



たいていの場合、両家の親が立派な結婚式を挙げたがる。



それとは逆という意味で珍しいケースであった。



お母さんは、「無理にというなら、私は出席しないわ」とまでも。



そこで新郎が「一緒に食事でも」などと方便を言って、新婦の衣裳合せの際にお母さんを連れてくることになった。



 



新婦が真っ白なドレスをまとい、着替えのブースから現れた。



それでもお母さんは無表情だった。その目の前で、ティアラ、イヤリング、ネックレスと身につけていくに従い、



表情が徐々にやわらかくなっていくのが見てとれた。



 



最後に手袋をはめて、スッと立ち上った姿を見た瞬間。



お母さんの頬に一筋の涙が落ちた。



そう、母親である。本当は娘の晴れ姿を見たかった。



でも、ちょっとだけ意地を張ってしまっていただけのことだった。



そんな心の奥底にある声を、新郎が察して背中を押してあげたのである。



なんとお母さんの提案で、予定していなかったピンクのドレスのお色直しまで



することになってしまったそうだ。



 



「心の声」。見えないものに価値がある。



 

抱っこしていただけますか

2013-06-01

ある日、赤ちゃんを抱えた一人のお客様が、目黒雅叙園の衣装課を訪ねてきた。

「Nさんはいらっしゃいますか」。Nさんは、その女性の顔を見るなり、

「ああ」と声を上げ一年前のあの出来事を思い出した。

 

新婦さんの希望で、ウエディングドレスはマーメイドのデザインで作ることになっていた。

まさしくアニメに登場する人魚のようなスタイルの方だった。

「きっと素晴らしいドレスが出来てきますよ」と言い、縫製に取りかかった。

 ところが、である。

しばらくして新婦さんからNさんに電話が入った。

「どうしましょう!」。

聞けば、お腹の中に赤ちゃんがいることがわかったのだという。

挙式まで3ヶ月。そう、3ヶ月後には、お腹が大きくなっていてマーメイドドレスだけに

着られなくなっている可能性が高い。おそらくファスナーがしまらないだろう。

Nさんは急いで縫製工場に電話をした。しかし、もう完成間近。今から修正は効かない状況だという。

困った。本当に困った。手元に届けられたドレスを手にして考えた。

スタッフみんなでアイデアを出し合う。「よし!これで行きましょう」とお直しの作業が始まった。

ドレスの背中の真ん中部分を下まで大きくカットする。ファスナーもはずす。

そして、カットした両側に布を当てて補強し穴を開け、

ひもを交互に通して網目状になるように編み上げていく。

不自然にならないように、丁寧に丁寧に。その甲斐あって、

まるで最初からそういう注文であったかのような素晴らしい出来上がりになった。

 

「あの時のお腹の子です。抱っこしていただけますか」と言われ、「はい、喜んで」と答えた。

腕の中で赤ちゃんが笑っていた。暖かくなった。体温を感じる。まるで湯たんぽを抱いているような。

それはやがて、心の奥にまで伝わってきた。

 

「ぬくもり」。見えないものに価値がある。

「残念です」と言われて

2013-03-05

「残念です・・・」

正面玄関でベルのKさんが、ご夫婦のお客さまを出迎えた際の第一声がそれだった。
まだ、何もしていない。宿泊もお食事も。
それなのに「残念です」と言われて、Kさんは言葉を失った。

タクシーから荷物を下ろしながら、話を伺いその事情がわかった。
おふたりは、九州にお住まい。久し振りに東京へ旅行に来た。
その楽しみの一つが目黒雅叙園の「百段階段」だった。
東京都指定の有形文化財だ。
飛行機やホテルはすべて旅行代理店で取ってもらった。
ところが、予約が完了した後で、「百段階段」が見られない日であることがわかったのだという。
イベントとイベントの狭間で、たまたま展示物の入れ替え作業があり
閉鎖される日に当たっていたのだ。

「なんとかなりませんか?」と訊かれたが、どうかすることもできない。
本当に「がっかりのご様子」。フロントまで荷物を運ぶ間にKさんは考えを巡らした。
そして、チェックアウトが済んだ後で、ご夫婦に提案をした。

「もしお疲れでなければ、今から園内をご案内させていただきましょうか?」
「え?!園内って?」。

目黒雅叙園は、園内のあちこちに「百段階段」に匹敵する装飾建築物がある。
エレベーターにはキラキラ輝く螺鈿細工。
化粧室(トイレ)は創業当時を再現した夢のような世界。
宴会場の天井画は息を飲む豪華さ。
なでると福が訪れるという七福神も・・・。

それらを案内させていただくと、「百段階段が見られなかったおかげで、
予想外に楽しめました」と喜んでくださったという。

Kさんは言う。
「これは入社1年目の出来事でした。ベルは園内すべてが職場です。
NОというのは簡単ですが、何とかしたい。
これがきっかけで、お客様のかゆいところに手の届くサービスをしようと思いました」

「かゆいところに手の届くサービス」。
見えないものに価値がある。

今日は芋じゃなくて、麦の気分

2012-11-05

目黒雅叙園の宴会サービスのスタッフHさんはベテランだ。

かゆいところにまで手の届くおもてなしで、お客様から信頼を得ている。

でも、誰もがそうであるように、最初から何でもできたわけではないという。

Hさんが若かりし頃の話。先輩から仕事の合間にこんなことを訊ねられた。

「おいH、あそこに座っていらっしゃるお客様のコーヒーカップ。

ここから中身がどれくらいの量残っているかわかるか?もちろん、ここから」

そんなことがわかるはずもない。

レストランの一番端に座っているお客様だ。

上から覗き込みでもしなければ・・・。


その先輩はニヤニヤしながら教えてくれた。

残量が極めて少なくて、最後の一口で飲み終わるのであれば、

カップは90度以上に傾けられる。充分に残っていれば、少ししか傾けない。

つまり、カップの傾きをいつも意識して見守り、

その傾きが大きくなったらお客様に声をかけなさいということを先輩は教えたかったのだった。
「お代わりはいかがですか?」

と。この時、Hさんはまさしく目から鱗が落ちた思いがしたという。

それ以後、あらゆる場面で、これにならった「目配り」をするようになった。


常連の宴席の予約が入ると、メンバー全員の好みのドリンクを用意してお待ちする。
前回、お客様が「この芋焼酎は美味いねぇ」とおっしゃったのを覚えていて、

テーブルに準備しておくと「ニヤリ」として喜んでくださる。

ただし、いつも上手くいくとは限らない。

「今日はさぁ、芋じゃなくて麦の気分なんだよね」と言われることも・・・。

でも、「覚えていてくれたの?ありがとう」という一言に、

もっと「目配り」をという秘めた気持ちが高まるという。

 

「目配り」。見えないものに価値がある。

銀婚式のお祝い

2012-08-02

目黒雅叙園のアニバーサリーコンシェルジュのMさんは、

予約のお客様からこんな相談受けて、一瞬言葉に詰まった。

「何かぴったりのプレゼントはありませんか?」。

 

日々、さまざまな祝宴の企画のお手伝いをする。

誕生日、七五三、入学式、結婚記念日、成人式、還暦、喜寿・・・。

どれも人生の節目節目の大切なお祝い。

その祝宴を感動の場になるようにお手伝いするのがMさんの仕事だ。

予約されたのは姉弟のおふたりだった。

両親に「いつまでも健康で長生きして欲しい」という思いを伝えたいという。

それがキーワードになり、パッと思いついたのが、桑の木でこしらえた「長寿の祝い箸」だった。

提案すると、お客様から「え?なぜ桑の木なんですか」と尋ねられた。

桑の木で作った器や箸を使うと長生きするという「言い伝え」を説明した。

その「言い伝え」はどこから生まれたものなのだろう。

桑の木は年輪が明瞭に浮き出ている。

そのため、手のひらに樹の温もりが伝わりやすい。

そして粘り強い性質を持っているので、割れにくく長持ちするので食器として適している。

つまり、長寿に繋がるわけだ。それだけではない。

葉っぱは生薬の桑茶として飲用する。果実も薬用酒の定番だ。

ここでも、長寿を連想することができる。桑は古くは中国で神聖なる樹だったという。

日本でも霊力があると言われてきた。

おそらくは、大切なお蚕様の餌となることから大切にされてきたのだろう。

 

そうそう、もう一つ。雷が鳴ると「くわばら、くわばら」と言う。

これも、桑林に逃げ込むと雷から避けられるという「言い伝え」だ。

つまり、身を守ってくれるということ。Mさんは言う。

「実は私もこの仕事に就くまで縁起物の知識に疎くて、あらためて勉強しました。

もうすぐ母の誕生日なので、何か喜んでもらえるプレゼントをしなくてはと考えています。桑の箸もいいなぁ」。

 

「言い伝え」。見えないものに価値がある。

いつもと違う顔

2012-06-01

目黒雅叙園は敷居が高いと思われている・・・らしい。

都内に住む何人かの友人たちが言う。

それは、おそらく、都指定有形文化財「百段階段」や、螺鈿細工のエレベーター、

江戸美人の彩色木彫板の回廊など、豪華絢爛な建築物のイメージがそう思わせているに違いない。

 

そもそも、目黒雅叙園はだい大浴場の施設を備えた料亭だった。

もちろん食事もできる。

庶民が一日だけ「お大尽」のような気分を味わえるテーマパークのような存在だった。

 

ある日、中国料理「旬遊紀」のスタッフ・Nさんは、ある女性の喜寿のお祝いの予約を承った。

予約をしたのは、ご主人と、一つか二つ年下の幼なじみの女性だ。

「ぜひ目黒雅叙園でお祝いしてあげたい」とのことだった。

三人とも、目黒生まれの目黒育ち。

たしかに、七五三、入学、就職、結婚記念日など、人生の節目の特別な日には、

家族で揃って目黒雅叙園で食事を楽しんできたのだという。

 

さて、そのNさんが通勤途中に、JR目黒駅から行人坂を下っていた時のことだ。

見覚えのある顔の男性とすれ違った。

「あっ!この前の喜寿の祝席のお客様だ」と気づいた。

しかし、先方は仕事中で大きな荷物を抱えながら、打合せをしている。

こちらには気がつかない様子。

もっとも、園内にいるときは制服姿なので別人に見えてしまうのかもしれない。

ここでNさんは「ハッ」とした。

そのお客様の顔つきが、レストランにお越しいただくときとは全く違うのだ。

一言でいえば緊張感でピリピリしている。

食事を召し上がるときには、あんなに寛いで和やかでいらっしゃるのに。

その瞬間、Nさんは自分の仕事の重さを改めて理解したという。

「忙しい毎日の中で、非日常的な空間を楽しみにして来られるんだ。

きっと、園内では心が開放されるのに違いない」と。

ちょっと大袈裟だけど、ここは異次元の別世界。

だからこそ、日常を忘れて特別なひとときを過ごしていただけるのだ。

さらに「お客様のすぐ隣りにある、身近な存在でありたいのです」とも。

 

「ほっとする空間」。

見えないものに価値がある。

何もしないというサービス

2012-03-01

常宿の目黒雅叙園に泊まった。

チェックインをして、荷物の整理をしたらすぐに仕事に出掛けなければならない。

 

部屋までカバンを運んでくれたスタッフは非常口の場所だけ説明すると、

「何かございましたら、お声をおかけください」と言い、そのまま部屋を出て行った。

 普通は、続けて室内の設備を説明する。それをはぶいてくれたのだ。

私の慌しい雰囲気を察してくれて。

さりげない気遣い。

たったそれだけのことが嬉しくて心に残った。

 

翌朝、そのスタッフにその思いを伝え、

「本当はマニュアルでは、お風呂のジャグジーや空調の説明をすることに

なっているんですよね」と言うと、こんな話を聞かせてくれた。

 

目黒雅叙園では結婚式で泊まられる新郎新婦さんが多い。

朝早くから支度をして、挙式、披露宴、その後の二次会へと続く。

二人ともくたくたになる。特に新郎の方がひどく疲れていることが多いという。

宴席でさんざんに飲まされる。

みんなが祝ってくれているので、なかなか断ることもできない。

その上、新婦や親戚、参列者全員にあれこれと気を遣う。

部屋に戻ると、その疲れが一度に出る。

 

そんなとき、スタッフとしては何をして差し上げられるのかを考えるのだという。

部屋まで荷物を運ぶお手伝いをする。

「お部屋の設備のご案内をさせていただきますか。それとも

すぐにお休みになられますか?」と尋ねる。その上で、おふたりの表情をみて、

「何かお尋ねのことがございましたら、お声をおかけください」と言って

早々に辞するのだという。

 

私事で恐縮だが、はるか昔の自分の結婚式を思い出した。

前日まで連日のように職場や友人たちのお祝い会が続き、

二日酔いのまま結婚式の朝を迎えた。

もちろん披露宴でも浴びるほど飲まされたことを。

 

サービスとは、何かをすることとは限らない。

ここに「何もしないというサービス」がある。

 

「気遣い」。

見えないものに価値がある。

プチ・ウエディングケーキ

2011-11-16

その日、目黒雅叙園の女性ベルスタッフ・Yさんは、宿泊される一組のカップルを玄関で待っていた。

できるかぎりの気配りをしたいと思いつつ。

それは予約係から、こんな話を耳にしていたからだった。

奥様は妊娠八ヶ月。

なかなか外出もままならない。

初めての出産を控えての不安から、知らず知らずのうちにストレスもたまる。

そんな奥さんのことを思いやり、ご主人は目黒雅叙園でゆっくりと一泊過ごすことを企画されたのだ。

さらに、もう一つ。午後3時チェックイン。少し寛いだ頃に、サプライズが届くという手はずだ。

 

午後6時。ご主人の指示通りに、ベルのYさんがドアをノックする。

ワゴンで運び込まれたのは、「プチ・ウエディングケーキ」だ。

結婚式の披露宴で用いるウエディングケーキのミニサイズ。

でも、ちゃんと二段積みになっておりボリュームはたっぷりだ。

奥さんが、「わあ、食べきれないねー」とはしゃいで声を上げられた。

ケーキの頂上には、チョコレートのプレートが飾られていた。

「もうすぐ出産、頑張ってね」

こ主人からのメッセージだった。

ケーキを前にして、Yさんは、記念写真を撮って差し上げた。

 

他にも何かお役に立てないかと考えた。

しかし、独身の自分にはお腹の大きな人の気持ちがわからない。

そんな中、中学生のときに、保健体育で妊娠中の女性の体験授業をしたことを思い出した。

錘(おもり)の付いたベストを着て歩く。重くて足がふらついてしまう。

 

そこで、ひらめいた。

浴室で滑らないようにと、「滑り止めマット」を用意した。ことのほか、喜んでいただけたという。

チェックアウトの際に、おふたりから「ありがとう」と声を掛けていただいた。

幸せそうな姿を見て、Yさんも幸せな気分になったという。

 

「夫婦の愛」。見えないものに価値がある。