目黒雅叙園 > シリーズコラム「見えないものに価値がある」 > プチ・ウエディングケーキ

シリーズコラム「見えないものに価値がある」

プチ・ウエディングケーキ

2011-11-16

その日、目黒雅叙園の女性ベルスタッフ・Yさんは、宿泊される一組のカップルを玄関で待っていた。

できるかぎりの気配りをしたいと思いつつ。

それは予約係から、こんな話を耳にしていたからだった。

奥様は妊娠八ヶ月。

なかなか外出もままならない。

初めての出産を控えての不安から、知らず知らずのうちにストレスもたまる。

そんな奥さんのことを思いやり、ご主人は目黒雅叙園でゆっくりと一泊過ごすことを企画されたのだ。

さらに、もう一つ。午後3時チェックイン。少し寛いだ頃に、サプライズが届くという手はずだ。

 

午後6時。ご主人の指示通りに、ベルのYさんがドアをノックする。

ワゴンで運び込まれたのは、「プチ・ウエディングケーキ」だ。

結婚式の披露宴で用いるウエディングケーキのミニサイズ。

でも、ちゃんと二段積みになっておりボリュームはたっぷりだ。

奥さんが、「わあ、食べきれないねー」とはしゃいで声を上げられた。

ケーキの頂上には、チョコレートのプレートが飾られていた。

「もうすぐ出産、頑張ってね」

こ主人からのメッセージだった。

ケーキを前にして、Yさんは、記念写真を撮って差し上げた。

 

他にも何かお役に立てないかと考えた。

しかし、独身の自分にはお腹の大きな人の気持ちがわからない。

そんな中、中学生のときに、保健体育で妊娠中の女性の体験授業をしたことを思い出した。

錘(おもり)の付いたベストを着て歩く。重くて足がふらついてしまう。

 

そこで、ひらめいた。

浴室で滑らないようにと、「滑り止めマット」を用意した。ことのほか、喜んでいただけたという。

チェックアウトの際に、おふたりから「ありがとう」と声を掛けていただいた。

幸せそうな姿を見て、Yさんも幸せな気分になったという。

 

「夫婦の愛」。見えないものに価値がある。